賃貸物件の売却

0994-41-3538

営業時間/9:30~18:00 定休日/水曜日

2019年12月04日

賃貸物件の売却

おはようございます。12月に入り、急に寒くなりましたね。暖房器具がバタバタと引っ張り出されフル稼働中です。

さて、本題に入ります。

賃貸オーナーが悩まれるケースとして一番多いのが、今後賃貸物件をどうすればよいかです。

特に高齢者のオーナー様は、悩みどころです。空家だらけであれば即売却となりますが、
現時点では賃貸経営がおおむね良好で、問題はない。でも今後を考えるとそのままダラダラと行くわけにはいかない。

そういうお話が定期的に出てきています。

今後の流れについては、個人個人で事情がかなり異なるのでケースバイケースがほとんどです。

ただその際に必ず確認することが「息子・娘さんは賃貸経営をやっていきたいのかどうか」です。

仮に息子・娘さんがやりたいというのであれば、賃貸経営について勉強して抱く必要があるので、それに向けての事業継承を行います。

逆にやりたくないのであれば、賃貸物件を売却することになります。ただ、不動産売却に関しては、賃貸管理会社によっては得手不得手もありますし、賃貸物件の移行についてもスムーズに行えるようにしておかなければなりません。

どちらにしても事前準備や家族会議が必要です。

何とかなるさ~ではなく、計画的に決めて行動することです。


参考になれば幸いです。

お読みいただいてありがとうございました。 
 
 
ページの先頭へ