火災保険の適用について

0994-41-3538

営業時間/9:30~18:00 定休日/水曜日

2020年07月07日

火災保険の適用について

こんにちわ。鹿児島や熊本を中心とした大雨被害は凄まじいものがありました。床下床上浸水や自動車の水没は、今までに経験のないものでした。鹿児島の死傷者はあまりありませんでしたが、熊本では大震災以降天災による被害が深刻です。改めて天災の恐ろしさを感じました。

さて、本題ですが今回被災された方が保険の申請を行われると思います。通常の台風被害である場合は写真や見積もりで対応されますが、場合によっては消防署若しくは自治体からの罹災証明書が必要な場合もあります。

また賃貸物件では自然災害によるものは賃貸責任が対ため、自己責任となります。そのための保険が家財保険(住宅総合保険)です。

火災保険は定期的に直近の自然災害の状況や現在の建物の地域性をみながら調整していきます。値段ははりますが、できれば免責規定0の保険が扱いやすかったりします。

今から台風の時期も来ますので、早めの見直しをお勧めします。

お読みいただいてありがとうございました。 
ページの先頭へ